建築基準法という法律がある

>

法律を違反しない増改築を目指す

道路に関係する内容

土地の面積の比率も、建築基準法に関係しています。
それ以外に、道路に関係する内容もあるので覚えておきましょう。
住宅の前に幅が4メートル以上の道路があった場合は、建物を2メートル以上接近させなければいけません。
増改築する時に、どこかの部屋を別の場所に持っていけます。
しかしその時に、道路に2メートル以上接している部分がなくならないよう気をつけてください。

もし2メートル以上接する部分がなくなってしまう場合は、部屋をそのままにしたり、新しい部屋を作ったりするなどの対応が必要になります。
建築基準法を知らないと、デザインを最初から考え直さなければいけません。
最初から考え直すのは面倒なので、建築基準法を踏まえて決めましょう。

細い道路があるケース

自宅の周囲の、細い道路があると思います。
幅が4メートル以下の道路の場合は、制限が少し異なると覚えておきましょう。
今は道路の幅が4メートル以下でも、いずれ4メートルになります。
それは法律で決められていることです。
ですから、道路を4メートルにしても、邪魔にならない位置に住宅を建設しなければいけません。

住宅を広げすぎると、道路の幅を長くできなくなります。
侵入してはいけない範囲を、セットバックと呼びます。
増改築すると決まったら、セットバックはどこなのか調べましょう。
セットバックに侵入しない範囲だったら、自由に増改築できます。
不動産会社に聞くと、自宅を確認してセットバック部分を教えてくれます。
それからデザインを決めてください。